硬水と軟水

実際、我家もそうですがウォーターサーバーを設置する家庭が増えてます(お金は要りますがあれば便利だもん)。昔は病院や飲食店などが主でしたが、今は小型化が進んで性能が向上していることや維持コストの低下などの理由から家庭でも導入することが容易になりました。持ってない人は導入してもいいかも。

ウォーターサーバーに使われてる水は大別すると「軟水」と「硬水」に分類されます。日本の大半の水は軟水なんです。軟水は硬度が低いことにより飲みやすい特徴があります。あの有名なボルヴィックは軟水です。

軟水の理由は日本の地形的な特徴が作り出しており、山間部で降った雨が地上に流れる際に距離が短いことにで、硬度になるミネラル分を多く含まないんです。

一方でヨーロッパなど広い大陸の場合、降った雨が海まで流れる距離が長いことにより、それだけ多くのミネラル分を含みやすくなるのが理由になります。これにより硬度の高い水になるというわけです。ミネラルウォーターのエビアンは硬水で有名ですね。

ウォーターサーバーにはめちゃな種類がありますが、設置するサーバーだけでなくどのような水の取り扱いをしているのかを事前に調べた上で水選びを進めて行くことも失敗しないための条件ですね。なんせ軟水と硬水では飲んだ感じはまったく違います。私の嫁は「エビアン(硬水)はちょっとね…」って感じですもん。



スポンサーリンク

体に対する水の役割

人間の体の6割は水で構成されてます。水はどうしても腐ってしまうので日々水分を取り入れてどんどん循環させることによりキレイな水を体内に保持しようとして新陳代謝を促すことに繋がってます。

また、水が体の中で果たす役割は血液の生成に関係していること、他にも体温を保持するなどさまざまな形で必要不可欠なんです。水がないと体の機能は低下することから非常に大切です。

体が必要とする水ですが、毎日飲むことを考えると少しでも体に効果があるものを選んで飲むことが一番です。水道水だと何が含まれているかわからないことから不安に思う人も少なくありません(まあ一応役所の検査はクリアしてるので問題はありませんが)

ウォーターサーバーがあれば

水宅配業者が水ボトルを自宅まで運んでくれます。常にキレイな水を飲むことが可能になるので、少しでも安心して水が飲みたい場合はウォーターサーバーがあればいいです。新生児や幼児がいる場合、WSの存在は必須じゃないでしょうか。小さな子供に水道水は飲ませれません。怖いです。

ただ、お金がガンガンかかるのではないかと不安を持つ人もいるかもしれません。しかし昔に比べるとコストはめちゃ下がっていてペットボトルの水より安価ですので、お金の問題はそんなに心配する必要はありません。500mlが60~80円ほどです。

また、水の種類によっては料理を引き立てることができることやコーヒーなどの飲み物をより美味しくすることができるので美食家や料理に対してこだわりがある人がウォーターサーバーの導入をしていることもあります。

余談にはなりますが私はWSの水でコーヒーを嗜んでます。一回一回お湯を沸かす必要はありませんからめちゃ楽ですし、水道水を沸かして飲むコーヒーに比べると3倍はうまいですw

基礎知識

宅配水を飲料水に、水道水はお風呂や洗濯などに使用して使い分けるところも増えています。我家もそんな感じです。一度、宅配水を使い始めると、もう水質の違いにびびり、水道水は飲めなくなる人も多いです(私の友人は「ラーメンも宅配水で作ってるよ」と言ってました)

そもそもウォーターサーバーとは

水をストックするためのマシン(器機)のことなんです。最近であればどこのサーバーも温水と冷水を使えます。ホットコーヒー気軽に飲めるしがちで便利です。

水の種類にはさまざまな種類があるので事前に調べておく必要はありますが、せっかく宅配水業者と契約をしても信頼性に乏しい水であれば意味がありません。宅配水業者も数がたくさんあり、大手業者から地域に密着している零細業者などもあるので、それぞれの業者の実績などを比較して契約しなと泣くことになります。

大手の業者は

・Frecious(フレシャス) (天然水)
・サントリー天然水ウォーターサーバー(天然水)
・コスモウォーター(天然水)
・PREMIUM WATER(プレミアムウォーター) (天然水)
・アルピナ(RO水)
・アクアクララ(RO水)
・クリクラ(RO水)
・うるのん(天然水)
・ワンウェイウォーター(天然水)
・富士おいしい水(天然水)
・富士の湧水(天然水)
大手で人気の業者はまだまだありますが、まあこんな感じでしょうか。どの業者も500mlあたり70円ほどでサーバーのレンタル費は無料か1000円ほどになってます。金銭問題や詐欺業者などを心配してる人は大手の中から選択すれば失敗する確率は減ります

宅配水業者の情報はネットで調べることが可能です。業者の公式サイトや掲示板、実際に使用した人の口コミや体験談などを参考にすると良いのですが、口コミや体験談サイトはサクラがやってる可能性があります。サクラには十分注意して詐欺業者と契約はしないでください

また、導入コストだけでなくて維持コストも考える必要があります。長期的な設置になりますとメンテナンスなども必要になります。それににかかる費用の確認は絶対ですね。じゃないと「こんなにお金がいるのか…」と業者と喧嘩するハメになります。

安全性

水質や熱湯による火傷などの安全性が気になる人も少なくないと思います。熱湯が出るのが普通なので特に小さい子供がいる家庭だと子供が怪我をするリスクなども気になりますよね。がちで怖いです。

昔々は火傷などのトラブルがありましたが、この類の呆れたくそ問題は「チャイルドロック機能」がサーバーにオプションで付くので、今現在はまったく気にする必要はありません(逆に小学生などはチャイルドロックの解除方法を知ってるのでヤバいかも…)

子供の安全への配慮はそれぞれの業者により異なります。安全対策の中でも特に信頼できる業者は不可欠になります。不安がある場合はサポートセンターなどに相談をして安全性に関して自分自身が納得するまで質問しまくることです。まじめな業者、まじめな営業マンであれば真摯に対応はしてくれます。

失敗すると、すぐに解約することになり、違約金などの問題が発生します。最近は当然ながらお試し期間のある業者は多いですので、「お試し期間あり」の業者を選択するものいいかもしれません。クリクラアクアクララライフスタイルウォーターなどはお試し期間があるので失敗する可能性は低いです。まあ逆に考えればお試し期間のある業者は商品やサービスに時間がありますよね。

コスト

心配なことは、どれくらいの費用がかかるかってことではないでしょうか。しょせんは人生お金。お金がかかり過ぎると嫌な思いになります。ここ10年でWSのコストはかなり下がっており、ペットボトルの水を買うくらいの金額(70円前後/500ml)で維持することができるところが大半です。

逆にめちゃ高額になるのであれば、誰もWSなんか利用はしませんよね。

コストは最初に初期コストがありますが、導入においてどれくらいの費用が必要になるのかを事前に調べておく必要はあります。最近は初期コスト無料な業者も増えています。初期コストをかけたくない人には無料タイプがおすすめですが、維持コストで初期コストの回収してる貧乏臭い業者もありますので、その点は十分計算しといた方がいいです。

ネットで情報を収集する

便利に各業者のコストを綿密に提供してるサイトはたくさんあります。各業者の比較情報も調べることも簡単です。
・サーバーの月額レンタル費は?
・宅配費用は?
・初期費用は?
・500mlあたりで換算した場合の価格は?
などなどすごくわかりやすくまとめてるサイトもあります。どの業者の水も70円前後/500mlなので、そんなにびっくりするほどの大金は必要はありません。宅配水で風呂に入る人はいませんし(まあアラブのお金持ちはやってそうですw)

参考サイト:ウォーターサーバー比較(価格コム)
http://waterserver.kakaku.com/waterserver/

安い投資ではありませんから当然信頼できる業者を選ぶことは大切です。他にもメンテナンスをする際にかかる費用の概算なども事前にきちんと計算してないと後々大失敗します。

防災対策

ウォーターサーバーが自宅にあればキレイな冷水や熱湯を手軽に使えるメリットがあります(私は1日数回ホットコーヒー飲んでます。ネスカフェゴールドブレンドではありますがw)。

水宅配業者が水を運んでくれますので労力は殆どありません。あそこまで巨大なボトル(パック)を毎月購入しに行く姿を想像すると地獄絵図です(笑)だいたい都会在住の人は車がない人は多いし…。

宅配水のメリットは色々ありますが、防災対策もメリットのひとつです。災害に巻き込まれた場合に無事助かっても水を確保することができなければ命を落としてしまいます(それ以前、サーバーがぶっ壊れてるかもしれませんが汗)

それほど水は人にとって必要不可欠なものになるのですが、ウォーターサーバーがあれば常に水のストックが自宅にある状態なんです。なので、水が足りない状況になることを避けることができます。

このようなメリットがあることから災害大国である日本ではウォーターサーバーの導入を防災観点から設置する人が増えております。ペットボトルの水を購入することに比べると、自分で買い替えをする手間がかからないなどのメリットもあります。

私の親父は頭の堅い老人なので、未だに手間のかかるペットボトル派なんです。私は「そんな大金じゃないんだしWSを設置しろ」と言っても黙殺されたままです。

ウォーターサーバーをこれから導入する場合は費用や水の種類などが選ぶ要素として重要だと思う人も少なくないと思いますが、どれくらいの在庫を確保できるかどうかなども選ぶ要素の一つになります。

ウォーターサーバーの導入スタイル

導入方法は「購入すると方法」と「レンタルする方法」があります。

購入する場合だと初期コストがかかる一方で、それからの維持にかかる費用についてはレンタルよりも少なくなるメリットがありますが、定期的なメンテナンスなどはいずれにしても必要になるので維持コストがまったくなくなるわけではありません。

一方で、レンタルでウォーターサーバーの導入を考えている場合は初期コストがかからないメリットがありますが、維持をするにあたってはレンタル料がかかってくることになります(月1000円前後)。しかし、レンタルの場合だとメンテナンスについても水宅配業者の方が定期的に行ってくれることが多く維持をするにあたって手間がかからないという点でのメリットも高くなります。

宅配水は種類もたくさんあるので事前に確認しておく必要がありますが、宅配してもらう水の種類により体に対しての効果などは異なります。最近はインターネットを利用することでそれぞれの水宅配業者の情報などを調べることができるようになっていますが、購入とレンタルにかかる費用や維持の手間などを事前に調べて比較しておくとウォーターサーバーでの失敗を減らすことができます。

我家はレンタルです

実際にレンタル派の人は多いはずです。金銭的にはそんなに大差があるわけではありません。それに「別の業者に乗り換えようか」と思った時も気軽なはずです。あんな巨大なサーバーが家に二個も三個もドカンとあると邪魔ですよ、邪魔。考え方によって購入は、ただのリスクかもしれません。

ウォーターサーバーの種類

水の種類は天然水RO水、軟水に硬水、それ以外にもたくさんあり種類によって体に対しての効果なども違います。水に効果を持たせたいのであれば成分の比較などもする必要はあります。

参考サイト:天然水とRO水の違い
http://www.aquaselect.jp/knowledge/ro

もっとも安価な水はピュアウォーター

これは水道水などを極限まで濾過した水であり、不純物が含まれてないことからさまざま用途に向いています。ピュアウォーターに人工的にミネラル分を配合しているタイプなどもあるので少しでもミネラル成分の恩恵を受けたいのであれば、このようなタイプの水宅配を依頼すると良いですね。

最近だと宅配をしてもらった水に対して加工を加えるケースなどもあり、特に活性水素がもたらす体への効果が広く知られるようになってからは水素水サーバーを付帯させるケースが増えています。水素水サーバーはすぐに水素水を作ることができるのでメリットが高いと言われていますが、どのような性能になっているのかとの点についてもきちんと調べておく必要があります。

失敗しないために

きれいな水を宅配水業者に運んでもらうことができることもあり、自分で購入する手間がないことや運ぶ手間がないことなどからウォーターサーバーの導入をするところが増えております。誰が考えてもきれいな水を手軽に飲める環境は体にとって嬉しいのです。

一昔前だと一般家庭が導入する場合はお金がかかり過ぎていたので浄水器などを使用するところが多かったのですが、最近はコストがかなり下がっていることもあり導入する家庭は増えています。浄水器は高額ですし邪魔臭いです。

また、それに伴ってウォーターサーバー業者も数はかなり増えています。しかし悪質な業者も実際に存在しているのでこのようなくそ業者に騙されないように注意しなければなりません。

これからウォーターサーバーの契約しようと考えてる場合は業者が信頼できるところかどうか、口コミや体験談サイトなどで消費者の声を参考にして、その業者の善し悪しを把握することができるので事前に情報を集めておくことは不可欠です。

口コミなどを参考にすることがウォーターサーバーの導入に置いて失敗しない方法になるのですが、導入をする場合は他にもメンテナンスや安全性など不安に思うことがある場合はきちんと説明を受けておく必要はあります。そうじゃないと失敗します。

また、キャンペーンの利用などもできることがあるのでその時にどのようなキャンペーンが提供されているのかを確認しておくとメリットがあります。

ウォーターサーバーの大きさ

ウォーターサーバーの契約でネックになるのが大きさになりますが、サーバーはそれなりの大きさで、他にも電気で温度調整をすることから電気回路なども必要になります。

そのためサーバーをどこに置くのかも事前に考えておく必要がありますが、飲み物になるので人が集まるリビングやキッチンなどにおくのが一般的になります。

最近はデザインセンスに優れているウォーターサーバーなども増えているので、このようなタイプのサーバーを導入することにより部屋の雰囲気に違和感を持たせることがなく導入をすることが可能になります。おしゃれなウォーターサーバーであってもそこに機能性が伴ってないと意味がないので、信頼できるものかどうかもあわせて考えた上で選んでいくことが大切なことだと言えます。



スポンサーリンク