白髪染めのメリットについて

白髪が一度生え始めると、抜いてもまた同じところに白髪が生えてきてしまいます。

白髪は他の髪の毛に比べ、毛質自体が強い場合が多く、抜いた後に生えてきた白髪は、ピンと立ってしまい、非常に目立つ状態となります。抜かずにそのまま白髪を伸ばし続けていても、徐々に白髪の本数が増えてくることで、非常に老けた印象を持たれてしまう事になります。

子ども世代から白髪が生えている人もいれば、歳を重ねてから生えてくる人もいますし、ストレスなどの苦労から、20代頃から白髪生えてしまう人もいます。

若い世代であっても、白髪がある事だけで、5歳から10歳は、歳を重ねて見られてしまう事が多いとされていますから、白髪が生えてきたら、抜いたり、切るような事は取り入れず、白髪染めを利用すると良いでしょう。

白髪染めには、様々な種類がありますから、自分の頭皮に合っており、自分が好きな色合いの仕上がりとなるようにしましょう。美容院で白髪染めを取り入れると、白髪がある事が全くわからない程、綺麗に仕上がるのですが、自分自身でも、コツを掴めば、美容院と同じように、白髪があったことが全くわからないようにする事が可能です。

一気に白髪を染めてしまう方法もあれば、徐々に白髪に色を入れていくようなタイプもありますし、マスカラのように、その場でさっとひと塗りする事で、白髪染め効果を得る事が出来る物もありますから、様々なタイプの白髪染めをチェックして見ると良いでしょう。



スポンサーリンク

どんな種類があるか


白髪染めには、いくつかの種類があります。

一般的なお洒落染めと呼ばれるような、クリームや泡などを白髪が気になる部分に塗布し、20分から30分程度時間を置くことで、徐々に、白髪の部分にだけ、色が入るようになっているタイプが主流となりますが、その他にも、トリーメントの中に、白髪を染める事ができる成分が入っており、毎日シャンプーの後に、トリートメントを行う事で、数日かけて、徐々に白髪に色を入れていくタイプもあります。

その他には、マスカラタイプとなっており、白髪が気になる部分に、さっとひと塗りする事で、白髪をその場でわからなくしながら、徐々に、白髪に色を入れていくようなタイプもあります。

白髪染めの種類をチェックする場合には、ヘアカラーと記載されているのか、ヘアマニキュアと記載されているのかをチェックしてみましょう。

ヘアカラーと記載されている物の場合、髪の毛の内部にまでしっかりと色を入れていくタイプとなりますが、ヘアマニキュアと書かれているタイプの物は、髪の毛の表面のキューティクルと呼ばれる部分にのみ、色を入れていくことになります。

ヘアマニキュアと記載されている白髪染めの方が、髪の毛のダメージだけではなく、肌へのダメージも少ないため、アレルギー体質の人でも、アレルギーを起こしてしまう可能性が非常に低いとされています。

ですが、髪の毛の表面に色を入れているだけとなるため、長持ちせずに、比較的早い段階で、白髪が目立ってきてしまう場合が多いとされています。

徐々に白髪をわからなくするには

白髪染めにも、色々な種類がありますから、一度に全ての白髪をわからなくしまう方法ではなく、徐々にぼかしながら、白髪を目立たなくしたいと考える人も少なくありません。

徐々にぼかしながら白髪をわからなくするためには、トリートメントタイプや、徐々に濃い色合いのカラーリング剤にしていくと良いとされています。

一度に白髪を染めてしまうと、白髪染めを使用したことがすぐにわかってしまい、恥ずかしいと感じる人も多いため、周りの人に気づかれないように、徐々に白髪を染めたいと感じる人も少なくありません。

徐々に白髪を染める事ができると、周りの人から、白髪を染めた事を気づかれにくくなりますから、若返った印象だけを与える事が可能となります。

トリートメントタイプを使用した場合には、持続期間は、1ヶ月から2ヶ月程度となりますが、毎日継続して使用している場合には、持続期間を気にせずに使用する事ができます。シャンプーをしても、色が落ちてしまう事はありませんし、タオルドライの際にも、タオルが汚れてしまうような事もありません。

ですが、トリートメントを行う際に、手が汚れてしまうような場合が多く、使用後に、必ず入念に手を洗わなければいけない事をデメリットに感じる人も少なくありません。

非常に多くのトリートメントタイプの白髪染めが販売されていますが、メーカーによって、色合いだけではなく、価格や白髪の染まり具合も異なりますから、様々な製品を比較した上で選ぶようにしましょう。

白髪染めを取り入れる頻度について

白髪染めは、白髪を全て染める事が出来ますから、若々しい印象を与える事が出来るのですが、髪の毛が痛むことに抵抗を感じる人もいますし、頻繁に白髪染めを取り入れなければいけない事を面倒に感じる人も少なくありません。

自分自身で髪を染める時間がかかってしまう事をデメリットに感じる人もいます。

そのため、できるだけ白髪染めを利用する頻度を少なくしたいと考える人が多いのですが白髪が目立ってきてしまわないようにするためには、定期的にお手入れを行わなければいけません。

人によって、髪の毛の伸び具合が異なりますし、季節や、長さによっても、白髪の目立ち方が異なりますから、必ずしも、お手入れを取り入れなければいけない時期が決まっているわけではないのですが、白髪染めを利用すると良いとされている頻度としては、1ヶ月から2ヶ月に1度程度が良いとされています。美容院で白髪染めを利用する場合にも、1ヶ月や2ヶ月程度であれば、根元だけを染めれば良いため、全体染めとするよりも、金額を抑える事ができますから、お勧めです。

急激に白髪が増えてしまうような人もいますが、白髪が増える事で、体調不良が起きてしまっている場合には、体に何らかの異常が起きてしまっている場合もありますから、そのような場合には、医師に相談する事が大切となります。栄養の偏りが起きてしまっている場合にも、白髪が出やすくなりますから、日頃からバランスの摂れた食生活を意識してみる事も必要となります。

上手に利用するには

自分自身で白髪染めを取り入れる場合、まだらに染まってしまったり、上手く白髪に色が入らず、白髪が目立ってしまっているままとなってしまうような場合もあります。

白髪染めを上手に利用するコツとしては、使用説明に書かれている時間通りに使用する事が大切です。長く使用する事で髪の毛が痛んでしまう事がありますから、放置時間を長くすれば良いわけではありません。自分自身で白髪染めをつけるための時間と、放置する時間が、説明書に書かれていますから、必ず時間を守った上で、使用するようにしましょう。

髪の毛が長い人の場合、少量ずつ伸ばしていくことが多いかと思いますが、染料をケチってしまい、しっかりと色合いを白髪に浸透させることができないと、綺麗な仕上がりにならず、まだらになってしまう事がありますから、できるだけ染料をたっぷりと使用するようにしましょう。

白髪染めのパッケージには、白髪を染める事ができる髪の長さも記載されていますから、足りないと感じる場合には、2パックの白髪染めを用意すると良いでしょう。

染料は、温める事で、色合いが入りやすくなるとされています。そのため、ラップや蒸しタオルなどを、染料をつけた上からかぶせたまま放置する事で、色合いが綺麗に入りやすくなるとされています。

温かくなることで、色合いが入りやすくなるため、頭頂部から毛先の先端まで、同じ色合いにするためには、毛先から染料を塗布し、最後に頭皮にする事で、頭皮付近の色合いだけが変わってしまう事を防ぐことができるとされています。

失敗事例とは

白髪染めで失敗してしまう人の中には、白髪が思うように染まらなかったという人が非常に多いとされています。

白髪をしっかりと染める事ができる色合いは、非常に暗いトーンとなるのですが、髪色を茶色や、黄色系など、明るめの色合いにしたいと考える人の場合、白髪に綺麗に色が入らずに、白髪だけが浮いた状態で染まってしまう事が多いのです。

白髪をしっかりと染め、他の髪の毛と合わせても、白髪であるとわからなくするための色合いは、ほぼ黒に近いこげ茶となりますから、自分自身で白髪染めを選ぶ場合には、色合いに注意しないと、失敗となってしまいます。

その他には、白髪染めにより、頭皮湿疹や、かぶれが生じてしまうような人もいます。

白髪染めの染料が頭皮に合わず、湿疹ができてしまったり赤みやかゆみが生じてしまうと、1週間程度、かゆみに悩まされてしまったり、フケ症となってしまうような場合がありますから、アレルギー体質の人の場合には、必ず前日にパッチテストを行いましょう

パッチテスト当日は、肌に何のトラブルが起きなくても、翌日になって、赤みやかゆみが生じてしまうような人もいますから、パッチテストを行ったら、1、2日、様子を見る必要があります。

目立たない場所であり、皮膚が柔らかい場所でパッチテストを行うと良いとされていますから、二の腕や、腕の内側など、パッチテストにお勧めとなります。パッチテストにて、肌トラブルが起きてしまった場合には、決して頭皮には使用してはいけません。

白髪染めの選び方について

白髪染めには、様々な種類がありますが、どのタイプを選べば失敗なく、綺麗に白髪を染める事が出来るのか、わからないと感じる人が多いとされています。

まずは、どのように白髪を染めていきたいのかを、考えてみましょう。すぐにでも白髪をわからなくしたいのか、徐々に白髪をわからなくしたいのかによっても、選ぶ白髪染めは異なります。

すぐにでも白髪を染めたいと考える場合には、ヘアカラーやヘアマニキュアと書かれている白髪染めを利用しましょう。長持ちさせたいのであれば、ヘアカラーがお勧めですし、髪の毛のダメージを抑えたいのであれば、ヘアマニキュアがお勧めです。

徐々に白髪を染めたいと考える場合には、トリートメントタイプや、シャンプータイプがお勧めです。メーカーによって、色の入り具合が異なりますし、取り扱いをしているカラーが限られている事が多いため、色合いと色の入り具合を、口コミなどを参考に、比較してみると良いでしょう。

出かける際に、見えてしまっている部分の白髪を隠したいと考える場合には、マスカラタイプや、パウダータイプなどがお勧めです。その場でさっと白髪を隠すことができますが、他の種類の白髪染めに比べると、白髪自体に色が入りにくいため、それほど白髪自体が多くなく、1、2本目立つ白髪だけを隠したいと考える人に向いています。

様々な種類の白髪染めの中から、継続して利用する事が出来る価格帯であり、購入しやすい物を選ぶと良いでしょう。

髪の毛へのダメージが少ない白髪染めとは

白髪染めの種類によって、髪の毛へのダメージは異なり、ヘアカラーと記載されているようなクリームタイプや、泡タイプの物が比較的髪の毛へのダメージが大きいとされています。

ヘアカラーは、髪の毛の内部にまで色を浸透する事ができるため、それだけ髪の毛にも強いダメージを与えてしまうとされているのです。

ヘアマニキュアと書かれているタイプの白髪染めの場合には、髪の毛がツルツルとなり、髪の毛へのダメージも非常に少ないとされています。

ですが、一番髪の毛へのダメージが少ないとされているタイプの白髪染めは、トリートメントタイプとなります。トリートメントタイプの場合、髪の毛に潤いを与え、閉じ込める事が出来ますから、毎日使用する事で、白髪を染めるだけではなく、髪質も変わってくることが多いとされています。

一度ダメージが起きてしまうと、髪の毛の内部がスカスカになってしまっている状態となり、絡まりやすく、つやもなく、枝毛や切れ毛が出来やすくなってしまうのですが、しっかりとトリートメントなどでお手入れをする事で、ある程度、まとまりがある状態にまで持っていくことは可能です。

髪の毛が痛んでいると、白髪染めを使用したとしても、色がすぐに抜けてしまう事が多く、長持ちしなくなってしまいますから、全体染めとして、ヘアカラーを髪の毛全部に使用するのではなく、白髪が伸びて来た部分だけを染めるようにする方が、ダメージを少なくすることができるとされています。

白髪はなぜ生えるの?

一度白髪が生え始めてしまうと、その白髪を改善させることは非常に難しく、白髪染めを利用し、白髪を隠す人が非常に多いとされています。

帽子をかぶって白髪を隠したり、ウィッグを取り入れる人もいますが、白髪を隠すために取り入れている人が最も多いのが、白髪染めとなります。

白髪が生えてきてしまう原因としては、ストレスや、病気、老化などが原因となっている事が多いとされています。チロシナーゼと呼ばれる酵素は、年齢を重ねると少なくなってしまうとされており、チロシナーゼが少なくなることで、髪の毛の色素を作り出すメラノサイトの働きが鈍くなってしまうのです。

老化による酵素不足によって、白髪が生えてしまう状態である人が非常に多いのですが、ダイエットをしているような場合にも、白髪が出やすくなりますし、ストレスにより、体の中の働きが上手く回らなくなることで、白髪が生えてきてしまうような場合もあります。

若白髪と呼ばれる、10代に白髪が出てしまうような場合には、栄養に偏りが起きている事もあります。

白髪染めを利用し、白髪を隠すことも、白髪には効果的となりますが、老化現象を抑えるために、体の中を活性化する事が出来る食品を摂取したり、代謝を高める事でも、白髪の進行を遅くすることができます。

亜鉛やミネラルなど、積極的に摂取する事で、老化現象を遅くし、白髪にも効果があるとされていますから、毎日の食卓の中に、牡蠣や牛肉、アーモンドなどを取り入れると良いでしょう。

白髪染めを使い始める時期とは

白髪の生え始めは、人によって、異なります。

一部分にだけ白髪が生えてしまうような人もいますし、全体的に、数本ずつ、白髪が増えていくようなタイプの人もいます。髪の毛の表面ではなく、中の方に白髪が多く出てしまい、表面から見た限りでは、白髪が得目立たないようなタイプの人もいる事でしょう。

白髪染めを使い始める平均年齢とされているのは、35歳程度であるとされていますが、人によって、白髪が早く出る人もいれば、歳を重ねても、黒髪を維持する事が出来ている人もいますから、必ずしも、35歳でほとんどの人が白髪染めを取り入れるわけではありません。

白髪染めを利用し始める時期としては、自分自身で気になるようになったら染め始めると良いとされています。白髪が気になる人の場合には、1、2本でも気になりますから、たとえ、他の人が気にならないと言っても、自分自身で気になる場合には、白髪染めの使用を開始しましょう。

美容師さんに白髪の量を確認する人は非常に多いのですが、気になっている事を伝えても、大抵の場合、まだそれほど気にならないと言われる場合が多いとされています。

白髪が気になる場合には、始めのうちは、さっとひと塗りで白髪を隠すことができるようなタイプを利用し、徐々に白髪が増えてきたら、ヘアカラーや、トリートメントタイプに変える事も良いでしょう。

元々カラーリングを頻繁に取り入れているような場合には、今までのカラーリングを白髪染めに変えるだけですが、白髪を染める場合には、色合いに十分注意するようにしましょう。



スポンサーリンク