入院保険が必要な理由とは

若い頃は健康で病気知らずであったという人は入院保険のことは考えてきたこともなかったという人も多いと思います。

しかし、年齢を重ねてきてよく体調を崩すようになってきて入院保険って入っておいた方が良いのかなと考えるようになってきたという人もたくさんいると思います。

体調面に不安があると、今後入院するようなことにでもなってしまったら、収入も途切れてしまうし、高い入院費がかかってしまうことになったら大変だと不安に思っている人も多いでしょう。

しかし、入院保険って本当に必要なのかと思っている人も少なくないと思います。よってここでは入院保険が必要とされる理由を紹介したいと思います。

まず、長期的な視点から考えると現在の日本の社会保障制度が絶対に一生続くとは限らないということが考えられます。今後少子化問題が深刻化してくることが予想されますし、財源確保していけるかは大きな疑問です。現在では3割自己負担ですみますが、将来的にはこの自己負担額が増えてしまうことはじゅうぶんに考えられます。

そうなると、入院保険の重要性はさらに上がっていくことになるでしょう。

また、入院した場合の精神的負担は想像以上に大きなものです。病気はいつ治るというのがハッキリしないものです。長引いたら入院費もどんどん高くなってしまいますし、このまま働けなくなるのでないかとどんどん不安になってくるものです。

そういった場合、入院保険に入っていて保障されていると精神的にかなり楽になることができるでしょう。



スポンサーリンク

保険期間と払込期間について

現在、入院保険を検討している人もたくさんいると思いますが、まず保険期間払込期間についてしっかりと理解しておく必要があります。

保険期間については、最近では多くのケースでは一生保障してもらえる終身保険が主流になってきていますし、多くの人が終身タイプを検討するのではないかと思います。

入院保険の保険期間を終身タイプにした場合、払込期間も一生涯になると思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、入院保険を終身タイプにした場合、払込期間を選択することができるのです。

そこで、多くの人が払込期間をどうしようかということで悩むことになります。なぜ多くの人が悩むことになるのかというと、払込期間をどのように設定すればよいのかという正解は何歳まで生きるかによって決まってくるので、払込期間を設定する時点では誰にもわからないからです。

もしものすごく長生きすることになれば、払込期間を短い期間で終わらせておけば、その後ずっと支払いをすることなく保障されることになるので、払込期間を短い期間に設定しておいた方が良い選択となります。

しかし、逆に寿命が短かった場合は、払込期間を長めに設定しておいた方が得だったということになるのです。よって自分が何歳まで生きることが出来るのかを事前に知ることが出来れば、自分にとってベストな払込期間がわかるかもしれません。

しかし、自分が何歳まで生きるかなんて当然知ることはできませんよね。

審査を通りやすくするコツを知る

現在、入院保険を検討している人のなかにはきちんと審査に通ることが出来るのか不安だという人もいると思います。入院保険に加入するためには事前に審査があってその審査に通らなければ加入することができません。

特に健康面に不安がある人は審査に通るか不安になるのも仕方がないことだと思います。入院保険の場合は、保険会社に提出する告知書によって審査が行われます。

つまり、保険会社にとってはこの告知書によって判断するしかないので、この告知書の記入の仕方によって、審査の合否が大きく異なってくるので、面倒だからと適当に記入してはいけません。告知書の記入方法を工夫することによって、審査を通りやすくすることも可能なので、そのコツを知っておくと良いでしょう。

まず、大切なのは正確に書くということと、なるべく細かく書くということです。例えば、病気の原因もしっかりと記入していないと慢性的なものなのか突発的なものかも判断することができません。

また、服用している薬も薬の名称だけ記入していても、それが強い薬なのか弱い薬なのかわかりません。このように具体的な記入が無い場合は、悪いように判断されることもあって、それが原因となって審査に落ちてしまうこともあるので注意が必要なのです。

よって、数値で知らせるようなことが出来る病気などは数値もしっかりと記入する必要がありますし、医者から良くなってきていると言われている場合は、そういったこともしっかりと記入するべきです。

終身タイプの掛け捨て型が主流の理由とは

現在、入院保険に入ろうかと考えていていろいろと情報を集めている人もたくさんいることでしょう。

将来のことを考えると、現在の社会保険制度も高齢化社会と言われるなか、このまま少子化が進んでいけば財源の確保も難しいのは明白ですし、自己負担も大きくなることが予想されます。

そうなった場合に大きな病気になってしまって入院保険にも入ってないとなると、多くの人は支払いが困難になってしまいますよね。このようなことを考えると今後、入院保険の必要性というのは高くなってくると思います。

すでに入院保険についていろいろと情報集めている人であれば、最近は終身タイプの掛け捨て型が主流となっているという情報を得ている人も多いと思います。

しかし、終身タイプとなると費用が高いのではないかと思っている人も多いのでしょうし、掛け捨てタイプだともったいないのではないかと思う人も多いのではないでしょうか。

たしかに以前は終身タイプとなると費用も高かったので、そのようなイメージを持っている人も多いかもしれませんが、最近では入院保険の終身タイプは非常に安くなっているのです。

以前は掛け捨てよりも積み立てタイプの方が人気があったのですが、積み立てタイプだと返戻金を保険会社が準備しておく必要があるために保険料をどうしても高めする必要がありました。

しかし掛け捨てタイプあれば、そういった返戻金のことを考える必要がないため保険会社も保険料を安く提供することができるのです。

病歴があると加入出来ないのか

人間は健康で元気なときは自分の身体について真剣に考えないものだと思います。皆さんのなかにも病気になって初めて、健康の大切さや自分の身体について真剣に考えるようになったという人もたくさんいると思います。

そのような人達のなかには入院保険について真剣に検討し始めたという人もいると思います。しかし、病歴がある人は自分の場合は入院保険に加入出来ないのではないだろうかと思っている人もいるでしょう。

入院保険に加入したいという場合、5年以内に病歴がある場合は告知する必要がありますが、告知したからといって必ず審査に通らなくなるというわけではありません。

5年以内に病歴があったとしてもすでに完治してからある程度期間が経っているという場合であれば審査に通過するケースも非常に多いでしょう。

また最近では病気の状態で軽度であれば審査に通ることが出来る比較的審査の緩いタイプのものや、病歴があっても告知の必要がないタイプのものもあるので、病歴があるからといって入院保険には入れないと諦める必要はありません。

しかし、審査が通りやすいものになると保険料が高くなったり、給付金でもらえる額が少なくなったりする場合が多いので、そういったデメリットをしっかりと確認して、総合的に判断する必要があります。

このように病歴があっても加入することはじゅうぶんに可能ですが、デメリットも増えてしまうので、本当ならば病気になる前に入院保険については検討するべきでしょう。

入院保障日額について知る

ある程度の年齢になったり、結婚して家庭を持ったりすると将来のことをいろいろ考えるようになると思います。自分が病気になったことを考えて、入院保険に入ることを検討していて、入院保険についていろいろと知りたいと思っている人も多いと思います。

入院保険について知るのであれば、必ず知っておかなければならないものの一つが入院保証日額についてです。

入院保証日額という言葉からある程度どのようなものか想像出来るとは思いますが、仮に入院することになった場合、一日にあたりに給付される金額のことです。

実際に保険会社の入院保証日額をチェックしてみると分かると思いますが、5千円から4万円というように幅が設けてあると思います。当然、入院したときにたくさんもらえるようにしておいた方が良いと考えると思いますが、たくさんもらえるようにするためには毎月の保険料が高く支払う必要があるのです。

いくら支払うかはこちらで選択できるようになっているので、多くの人がいくら位に設定すれば良いのだろうと悩むことになると思います。その人の収支のバランスや貯蓄額によって、おすすめの額というのは異なってきますが、多くの人は入院保証日額が1万円位になるように設定する人が多いので、全く見当もつかないという人は参考にするとよいかもしれません。

しかし、実際に入院することになると、一日にかかる入院費は1万円を超えるケースが多いので、入院保証日額で全て賄えるとは限らないということは頭に入れておくべきです。

保障日数の目安について

現在、入院保険について関心を持ち始めたという人もいると思います。これまで大きな病気になったことがないという人も、いざという時のために入院保険について学んでおくことは非常に良いことだと思います。

なかには具体的に入院保険に加入しようかと考えている人もいるかもしれませんが、そういった人であれば入院保障日数をどうするかについてもしっかりと考えておく必要があります。

入院保障日数とは、入院することになった場合、何日間までの入院に対して給付金が支払われるかというものです。

保険会社によっても異なりますが、730日から1095日の間で設定されている場合がほとんどだと思いますし、あまり大きく違いを気にする必要はないと思います。

入金保険の入院保障日数の場合、注目すべきなのが一入院保障日数です。これは一回の入院で何日間までの入院に対して保障するかというものです。

つまり、仮に入院保障日数が1095日のものであるからといって、一度の入院で1095日入院してしまったら1095日分が保障されるというわけではなく、一入院保障日数までしか保障されないのです。

一入院保障日数は30日くらいから1095日くらいまでいろいろな種類から選ぶことが出来るようになっていますが、保障日数が長くなれば毎月の保険料が高くなるため、むやみに長くするわけにはいきません。

一般的には30日から60日くらいの範囲で選んでおくと大概のケースは賄うことができると思うので、それくらいを目安にすると良いでしょう。

入院保険が特に必要と考えられる人とは

現在、入院保険に加入しようかどうか悩んでいる人は結構いると思います。現在では入院保険に加入している人の割合は男女共に8割くらいと言われています。これだけたくさんの人が入っているのだから入った方が良いのだろうと思う人が多いと思います。

しかし、2割くらいの人は加入していないわけですし、そもそも人は必ず入院するような事態になるとは限らないので、誰もが絶対に加入するべきだとは一概には言えません。

しかし、こういった人の場合は、入院保険に入っておいた方が良いだろうというのはあるので、どのような人が入院保険に入っておいた方がよいのかをまずは知っておくと良いでしょう。

例えば、貯蓄があまりないという人は入院保険に加入しておいた方が良いでしょう。貯蓄があまりない人は、貯蓄がないから保険料を支払う余裕がないと考えがちだと思いますが、貯蓄があまりない状態で長期入院ということになってしまうと、働けなくなって収入がないのに高い入院代を払うのは非常に難しくなってしまうでしょう。

特に小さなお子さんがいるという場合に、そのような事態になってしまうと大変なことになってしまうので、お子さんのためにも加入しておいた方が良いかもしれませんね。

また、自営業の人も加入を検討した方が良いかもしれません。会社勤めの人であれば、会社の福利厚生によって、いろいろと保障されている人も多いと思いますが、自営業であればそういった保障が全くありませんよね。

うつ病患者が入ることができる保険を知る

現在、うつ病になり悩まされている人は非常に増えてきています。現在ではうつ病患者は300万人を超えていると思います。皆さんのなかにも現在うつ病になってしまったという人もいるかもしれませんが、うつ病になってしまうと、健康面にも自信がなくなってくる人が多いと思います。

また、仕事も休みがちになってしまう人も多いと思うので、収入面に不安がある人もたくさんいると思います。そんな時に万が一病気になって入院することになってしまったらどうしようと不安に思う人もいるでしょう。

よってそんな時のために入院保険に入っておこうかと考える人もたくさんいると思います。しかし、うつ病の人の場合入院保険に加入するのは難しくなります

入院保険には審査があり、現在病気の人は保障対象から外れて加入が難しくなるのですが、うつ病も精神疾患という立派な病気なので、保障対象から外れてしまうケースが多いのです。

では、うつ病の人だと入院保険は諦めるしかないのかというとそういうわけではありません。現在では、引受基準緩和型、無選択型という保険があり、そういった保険であればうつ病の人でも加入が可能です。

引受基準緩和型保険というのは加入条件が緩めの保険で、うつ病であっても審査に通りやすく、無選択型は告知書の提出が必要ないので、うつ病であることを申告する必要がありません。

ただし、これらの保険の場合は一般的な保険よりも保険料が高くなるというデメリットがあります。

健康祝い金について

現在、入院保険に加入することを検討していて、どのタイプの保険に入ろうかといろいろとチェックしている人もたくさんいると思います。いろいろチェックしていると健康祝い金や健康ボーナスがついている入院保険もあると思います。

健康祝い金や健康ボーナスというのは、一定期間入院しなかった場合に決められた額が支給されるというものです。健康祝い金や健康ボーナスがもらえるのであればお得だし、こういったサービスがついている入院保険のなかから選んだほうが良いだろうと思っている人もいるかもしれませんね。

しかし、入院保険で保険会社選びをする場合は、健康祝い金や健康ボーナスにはあまりこだわる必要はないといえるでしょう。高金利の時代であれば、こういったサービスもお得なサービスとなると思いますが、現在の低金利の時代の場合は、健康祝い金や健康ボーナスがもらえるのと同じくらいの額が保険料に上乗せされているようなものです。

多めに保険料を払って、多めに払った分健康祝い金や健康ボーナスとして戻ってくるようなものなので、このサービスにこだわるよりも、他のサービスに注目して保険会社を選ぶべきでしょう。

あえてメリットとして挙げるとすれば、保険料が控除するできることもあるということでしょう。介護医療保険料控除の対象となるので、介護保険やがん保険などと合わせてもまだ枠が残っている場合であれば、節税対策とすることも出来ます。

そのためにわざわざ選ぶというのはあまりおすすめできませんが、こういったメリットがあることは知っておくとよいでしょう。



スポンサーリンク